ボトルドウォーター

ボトルドウォーターとはどんな水?

ボトルドウォーターとは

 

 

 

ボトルドウォーターと聞いても「どんな水?」って思いませんか?

 

 

 

ボトルドウォーターとか飲む機会ないんじゃない?って。

 

 

 

 

でも、僕たちは意外とボトルドウォーターを飲む機会って多いんですよ。

 

 

 

ミネラルウォーターだと思って飲んでいた水がボトルドウォーターだったり。

 

 

 

 

 

当サイトではボトルドウォーターについて、ミネラルウォーターとの違いや安全性、飲むときに注意する点をまとめています。

 

 

 

 

 

 

ボトルドウォーターはミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインで分類される

 

ボトルドウォーターの分類

 

 

ボトルドウォーターという水は簡単に言うと「飲める水」

 

 

 

 

ずいぶんザックリとしているね?

 

 

 

 

ボトルドウォーターはミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインの中でも、原水や処理方法に限定される項目がないので、飲用可能であればいいんです。

 

 

 

 

 

ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン

 

 

ミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインでは次の4つに分類されます。

 

 

  • ボトルドウォーター
  • ナチュラルウォーター
  • ナチュラルミネラルウォーター
  • ミネラルウォーター

 

 

具体的にどんな水かっていうのは、ミネラルウォーターの分類から見たほうが早いので下記を見てみてください。

 

 

 

 

ナチュラルウォーター
  • 地表から水が浸透した特定の水源から採取された地下水。
  • 沈殿、ろ過、加熱殺菌のみで処理を行ったものをナチュラルウォーターという。ナチュラルウォーターにはミネラルは含まれない
  • 化学的な処理を行わないためナチュラル「自然」の水という表記ができる。
ナチュラルミネラルウォーター
  • 採水地や除菌処理の方法はナチュラルウォーターと同じ。
  • ただし、地表から水が浸透する際に天然のミネラルが溶け込んでいる水
  • 人工的に手を加えていないため、自然の(ナチュラル)ミネラルウォーターという表記ができる。
ミネラルウォーター
  • 原水をナチュラルミネラルウォーターとしているが、特定の水源でだけでなく複数の水源のナチュラルミネラルウォーターをまぜた水
  • 1種類のナチュラルミネラルウォーターを使用する場合であっても、ミネラルの調整や水に空気を含ませるばっ気を行うとミネラルウォーターになる。
  • また、ナチュラル(ミネラル)ウォーターは加熱殺菌のみだった、殺菌方法が「紫外線やオゾンによる殺菌」ができるのも、ミネラルウォーターの特徴。
  • ミネラルはないっているが自然のままのミネラルでないためナチュラルミネラルウォーターとは区別される。

 

 

 

 

じゃ、ボトルドウォーターはっていうと、

 

 

ボトルドウォーター
  • 上記以外の水。原水は、水道水や蒸留水、純水など。
  • ミネラルは含まれていても、含まれていなくてもボトルドウォーターに分類できる。

 

 

 

やっぱり、ザックリ(笑)

 

 

 

イメージしにくいと思うので、もうちょっと具体的に紹介しますね。

 

 

 

 

ボトルドウォーターとはこんな水

 

ボトルドウォーターで実際に販売されているのは水道水、蒸留水、純水が主になります。

 

 

ボトルドウォーター1:水道水

 

これは水道の浄水場で作られた水をペットボトルに入れたものです。

 

といっても、自宅の蛇口から出てくる水を詰めて売っているわけではなく、各地域の浄水場でペットボトルに充填して販売しています。

 

 

東京の水道水はまずいなんて言いますけど、あくまでも各家庭での話。

 

以前、「東京水」という水道水をペットボトルにいれたものが美味しいと評判になったのを覚えていないでしょうか?

 

2017年6月にはデザインを一新して、今でも販売されています。

 

 

東京水

(東京都 プレスリリース資料より)

 

 

 

また、各地方も同じように水道水を販売しているんですよ。

 

 

水道水

(楽天「水道水」より)

 

 

あっ、あと数年前に日本上陸して今も人気のコストコ。

 

 

すげー安いペットボトルの水があるって話題になりましたよね。

 

 

その安さの秘密がアメリカの水道水だったって!

 

 

あの水もボトルドウォーターですね。

 

 

 

コストコの水

(コストコの水:KIRKLAND ピュリファイドウォーター)

 

 

 

コストコのボトルドウォーターについて詳しい記事はこちら⇒

 

 

 

ボトルドウォーター2:RO水(純水、ピュアウォーター)

 

RO水というのは、アメリカのNASAが開発したRO(逆浸透膜)という特殊なフィルターを通した水のこと。

 

 

水道水をROフィルターに通すと塩素やウィルスだけじゃなく、発がん性物質や放射性物質まで除去できるすごい技術なんです。

 

 

水に含まれる不純物を99.9%除去できるので、純水やピュアウォーターという呼ばれ方をすることもあります。

 

 

純水

(楽天一番「純水」より)

 

 

上記、楽天のように赤ちゃん用の水も純水ですね。

 

 

 

例えば、スーパーで容器を購入すると無料で持って帰れる水はボトルドウォーターになります。

 

 

また、ウォーターサーバー大手のアクアクララやクリクラはRO処理をした水にミネラルを加えていますが、この場合もミネラルウォーターではなくボトルドウォーターに分類されます。

 

 

 

 

 

ボトルドウォーター3:蒸留水

 

小学校か中学校の理科の実験で蒸留水っていうのをやったの覚えていますか?

 

水を沸騰させて蒸気にして、冷やして溜めた水のことです。

 

製法が違うので純水とは呼ばれませんが、水が一度気化しているので不純物を含まないきれいで純粋な水です。

 

蒸留水

(楽天市場「蒸留水」より)

 

 

 

 

アルカリイオン水もボトルドウォーター

 

アルカリイオン水は電気分解を用いてphをアルカリ性に近づけた水のこと。

 

一時期は体にいいとされた水ですが、その後あまり効果が期待できないということが分かっています。

 

今でもペットボトル入りで販売されています。

 

アルカリイオン水

(楽天市場「アルカリイオン水」より)

 

 

 

 

 

 

基本的には、飲み水でナチュラルミネラルウォーターなどに分類されなければ、ボトルドウォーターっていう認識でOKです。

 

 

 

 

 

ボトルドウォーターは低品質な水?

 

ボトルドウォーターの品質

 

 

ミネラルウォーター以外の水をボトルドウォーターという風に分類されますが、決して低品質な水ということではありません。

 

 

 

例えばRO水は、水道水など原水はどんな水であっても生成できる水です。

 

 

 

 

水道水が原水と考えると不安なイメージがありそうなものですが、RO水は逆浸透膜という特殊な技術を使っています。

 

 

 

NASAの国際宇宙ステーションでも使われている技術で、水に含まれる不純物を99.9%除去できるというものです。

 

 

 

例えば、水道水に含まれる塩素や鉛だけでなく、発がん性物質や放射性物質など、一般的な浄水器では取り除けない物質も除去できるものです。

 

 

 

不純物の含まない水という事で、純水やピュアウォーターとも呼ばれる水です。

 

 

 

 

 

ボトルドウォーターだからといって低品質ってことはないので安心してください。