ボトルドウォーター 赤ちゃん

ミネラルウォーターは赤ちゃんのミルクに使ってはダメ!ではボトルドウォーターなら大丈夫か?

ボトルドウォーターをミルクに使っても大丈夫

 

 

ミネラルウォーターは赤ちゃんのミルクに使ってはダメなんだよねー。

 

 

 

 

でも、だからといって水道水を使うのはやっぱり不安・・・

 

 

 

 

ボトルドウォーターという水の種類を聞いたんだけど、赤ちゃんに飲ませてもいいのかな?

 

 

 

 

ミネラルウォーターとかナチュラルウォーターはよく聞きますけど、ボトルドウォーターってあまり聞きませんからね。

 

 

 

 

ボトルドウォーターなら赤ちゃんのミルクに適しているのか、調べてみました。

 

 

 

 

 

 

ボトルドウォーターは赤ちゃんのミルクに使っても大丈夫?

 

赤ちゃんのミルク

 

 

ボトルドウォーターを赤ちゃんの水つかえるかどうかというと、

 

 

 

 

使えるボトルドウォーターもあれば、使えないボトルドウォーターもある

 

 

 

 

 

というのが答えになります。

 

 

 

 

 

意味わかんない・・・ですよね?

 

 

 

 

 

ボトルドウォーターというのは、農林水産省が定める「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」にそって分類された4つの内の1項目です。

 

 

 

ボトルドウォーターとは

地下水以外の水、あるいは地下水でも成分を大きく変化させる処理を行ったもの。処理方法に限定はありません。

 

 

 

 

ざっくりと言ってしまえば、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーターに属さないものすべてがボトルドウォーターというくくりになります。

 

 

 

 

 

あっ、でも決して品質が悪いとかじゃないです。

 

 

 

赤ちゃん用の水「ベビーのじかん」もボトルドウォーターに分類される水ですから。

 

 

ベビーの時間 純水

 

 

 

 

では、ボトルドウォーターの中でも赤ちゃんに使える水か使えない水かをどこで判断するかというと、水の硬度です。

 

 

 

 

水の硬度とは?

 

水に含まれるミネラル(主にカルシウムとマグネシウム)の量を数値にしたもの。

 

水1000ml中に溶けている量を〇mg/L(1リットル中に〇mg含まれる)という風に表す。

 

WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が0〜120mg/Lを軟水、硬度120mg/L以上を硬水となっています。

 

 

 

 

では、赤ちゃんに飲ませていい硬度はどのくらいかというと、

 

 

120mg/L以下の軟水がよいとされています。

 

 

 

ミネラルウォーターといえば、体に良さそうな水っていうイメージがありませんか?

 

 

 

健康のためにわざわざミネラルウォーターを飲む人もいるくらいですから。

 

 

 

でも大人にとっては体に良いミネラルも、赤ちゃんにとってはあまり良くないものなんですね。

 

 

 

 

なので、出産準備に入った頃に「赤ちゃんにミネラルウォーターはダメ」ということを知る人が多いんです。

 

 

 

でも、何でなんでしょう?

 

 

 

 

 

なぜ赤ちゃんにミネラルウォーターがダメだといわれるのか?

 

 

 

さっき、赤ちゃんの体にミネラルが良くないといいましたけど、具体的にはミネラルのとり過ぎで体調を壊したり病気になることがあるんです。

 

 

 

 

「えぇっ、マジ!?」

 

 

 

 

マジなんです。

 

 

 

 

赤ちゃんの内臓器官は未熟なため、ミネラルを分解して排出する働きが弱いんです。

 

 

 

なので、ミネラルを過剰に摂取すると下痢や便秘などの症状が出てしまう・・・

 

 

 

 

さらにひどくなると腎疾患などの病気になってしまうことがあるので、注意が必要。

 

 

 

 

 

せっかく「赤ちゃんの体にいいものを」と思ってしたことが、逆効果になってしまうことがある・・

 

 

 

 

このことからミネラルウォーター全部がダメという風に、口コミで広がっているんですね。

 

 

 

でも、ミネラル摂取がゼロでないとだめかというとそうではないんです。

 

 

 

粉ミルクにもミネラルは配合されていますし母乳にだって含まれているんですから、ミネラルを完全に除去しないといけないというものではありません。

 

 

 

ミネラルを多くとり過ぎてはダメというものなので、少量なら大丈夫。

 

 

 

 

なので、軟水のボトルドウォーターであれば、赤ちゃんのミルクに使っても大丈夫ですよ。

 

 

 

 

ただ、ボトルドウォーターを使うときには別の意味で気を付ける必要があります。

 

 

 

 

 

 

ボトルドウォーターを赤ちゃんのミルクに使うときの注意点

 

ボトルドウォーターを使うときの注意点

 

 

ボトルドウォーターはペットボトルに入って販売されていることがほとんどです。(アルミ缶入りのボトルドウォーターもあります)

 

 

 

賞味期限も1年〜2年くらいに設定してあるので、さすがに古いボトルドウォーターを飲ませることはないでしょう。

 

 

 

でも、だからといって安心ってワケじゃないんです。

 

 

 

 

問題はボトルドウォーターではなく、ペットボトルの方なんです。

 

 

 

材質の特性上、ペットボトルは周りの環境から影響を受けやすいんですね。

 

 

 

例えば、直射日光が当たれば水温が上昇して味や品質が低下してしまう危険性があります。

 

 

 

「直射日光に当てることなんてないよね?」と思うかもしれませんが、エアコンの効いた温かい部屋に置いておくことありませんか?

 

 

 

リビングやキッチンの隅に置いておくなんてことはあるんじゃないでしょうか?

 

 

 

そういった温度変化によっても品質に影響が出るのが、ペットボトルなんです。

 

 

 

 

 

 

しかもペットボトルは臭いが移りやすいんです。

 

 

 

水は他の物質と混ざりやすい性質があるので、周りの臭いがペットボトルを通ってきて水に溶け込んでしまう事あるんです。

 

 

 

 

開封したばかりのペットボトルの水の味が、おいしいと感じるときとマズいと感じるときの経験ありませんか?

 

 

 

それって周りの臭いを吸収してしまっているからなんです。

 

 

 

なので、ボトルドウォーターを保管するときには周りの環境に気を付けてくださいね。

 

 

 

 

赤ちゃんに安全な水を飲ませたいなら、水道直結ウォーターサーバーという水道水を浄水する方法もあります。

 

 

 


水道直結ウォーターサーバーとは?


ウォータースタンド




水道直結ウォーターサーバーとは、これまでの宅配水(ボトル・ウォーターパック)のように水を持ってきてもらうんじゃなく、自宅で水道水を浄水して飲めるウォーターサーバーのことです。



蛇口に取り付けるような簡易的なものではなく、宅配水の工場で使っているような高性能フィルターを通してきれいな水にできるウォーターサーバー。




水道直結ウォーターサーバーの一番のメリットは、宅配水ウォーターサーバーで抱えがちな不満を解消できる点です。



  • 水の注文、変更、休止の連絡が要らなくなる
  • ボトルを受け取る手間がなくなる
  • ボトルの保管をする必要がなくなる
  • ボトルの交換の負担がなくなる
  • 使用済みボトルのゴミ出しがなくなる
  • 水漏れなどのサーバートラブルがなくなる



このように宅配水ウォーターサーバーのデメリットがなくなるんです。



しかも、水道直結ウォーターサーバーは水道水が元なので費用が劇的に安くなります。




「どうせそんなこと言っても、そんなに変わらないでしょ?」


なんて、面倒くさがらないでください。





月に数千円だとしても、年間にすると数万円の違いが出てくることもあるんです。


こまめに電気を消したり、エアコンをガマンするよりも手っ取り早く節約ができるんですから。



サーバーレンタル料は定額制なので、それを含めてざっと一覧にすると次のようになります。




【水道直結ウォーターサーバーと宅配水の料金比較】

 


■1ヶ月24リットル利用した場合
  • 水道直結ウォーターサーバー:(24リットル×0.2円)+3,980円=3,985円
  • 宅配水ウォーターサーバー:150円×24リットル=3,600円



■1ヶ月48リットル利用した場合
  • 水道直結ウォーターサーバー:(48リットル×0.2円)+3,980円=3,990円
  • 宅配水ウォーターサーバー:150円×48リットル=7,200円



■1ヶ月96リットル利用した場合
  • 水道直結ウォーターサーバー:(96リットル×0.2円)+3,980円=3,999円
  • 宅配水ウォーターサーバー:150円×96リットル=14,400円


<計算条件>
  • 水道直結ウォーターサーバー:定額3,980円のサーバー
  • 天然水の料金:1リットル 150円(500ml 75円)
  • 水道料金:1リットル0.2円で計算



これを表にまとめると、


月の使用量

水道直結型

宅配水型

差額

(下段・年間)

24リットル

3,985円

3,600円

-385円

(-4,620円)

48リットル

3,990円

7,200円

3,210円

(38,520円)

96リットル

3,999円

14,400円

10,401円

(124,812円)





もしあなたが月に48リットル使っていれば、年間で4万円近く損しないでよくなります。



1人暮らしで水の消費量が少ないなら割高になりますが、1ヶ月24リットル以上利用するなら水道直結ウォーターサーバーの方がお得です。




しかも飲み水だけではなく、炊飯や料理などすべてにきれいな水が使えるようになるわけですからね。




なので、今宅配水ウォーターサーバーから水道直結ウォーターサーバーに切り替える人が多いんですよ。




でも、すぐに申し込むのは不安じゃないですか?




水道直結ウォーターサーバーの「ピュレスト」や「ウォータースタンド」なら、無料でお試しができるんですよ。



1週間の無料お試し可能!水道直結ウォーターサーバー【ピュレスト】

 

ピュレスト



ピュレストは自宅の水道水をまるで天然の湧き水のようなミネラルウォーターにする水道直結ウォーターサーバー。


ピュレストの特徴は安さにあります。



水道直結ウォーターサーバーは定額制の決まった料金を支払いますが、ピュレストは月額料金がたったの2,980円と激安なんです。




とはいえ、いくら安くても使い勝手や飲み心地を知りたいですよね?



そこでピュレストでは1週間の無料レンタルができるんです。


実際に使ってみてから判断できるので、宅配水のウォーターサーバーを使いながら比較する人も多いんですよ。



【ピュレストの特徴】
  • 定額制:月2,980円〜
  • 冷水、温水、常温水の3種類の水が飲める
  • クリーン機能搭載でタンク内が常に清潔
  • メンテナンスフリー
  • 6ヶ月に1回のフィルター交換:無料


ピュレストは法人にも利用が多く、信頼と実績が豊富なウォーターサーバーです。


初めての水道直結なので「不安・・」、なら一度試してみるといいですよ。



1週間たっぷりお試しできる!ピュレストの公式サイトで詳細を見てみる⇒






お試しができる!水道直結ウォーターサーバー【ウォータースタンド】

 

ウォータースタンドのサーバー


ウォータースタンドは申込む前に、1週間の無料お試しができるのが特徴。


取り付けた後に「こんなはずじゃなかった・・」なんて思いたくありませんからね。




たっぷり試したあとに「申込む」か「申込まない」かを決めて大丈夫なので、安心。


もちろん、お試しした後に断っても大丈夫です。



【スマホ画像付き】ウォータースタンドのお試しの申し込み方法はこちら⇒




ちなみに、お試しで借りられるのはナノラピア ネオ(月額3,980円)という機種です。



▼お試しで使えるサーバー「ナノラピア ネオ」▼

ナノラピア ネオ





【ウォータースタンドの特徴】
  • 定額制:月3,480円〜
  • 冷水、温水、常温水の3種類の水が飲める
  • 初回設置工事費:無料
  • 6ヶ月に1回の有人メンテナンス:無料
  • 6ヶ月に1回のフィルター交換:無料



ウォータースタンドには1年以内のサーバー撤去時に1万円かかるだけで、しばりがないので違約金は発生しません。


お試し後でも初回工事費は無料なので、設置が急激に増えている水道直結ウォーターサーバーです。



1週間の無料お試しができる!「ウォータースタンド」の詳細を確認してみる⇒






全国対応の水道直結ウォーターサーバー【クールクー】

 

クールクー


ウォータースタンドはお試しができる唯一の水道直結ウォーターサーバーですが、残念ながら関東地方のみのサービス提供。


全国対応している水道直結ウォーターサーバーは、クールクーです。



残念ながらお試しはありませんが、RO(逆浸透膜)という特殊なフィルターを搭載しているので、安全な水を飲みたいご家庭に人気



【RO(逆浸透膜)とは】
アメリカNASAが開発した穴の大きさが超細かい(0.00001ミクロン)という特殊なフィルター。

水以外を通さないため水道水に含まれる不純物をほぼ100%除去できる性能がある。


ROフィルターの性能はすごく高くて、例えば牛乳や海水をROフィルターに通すと「純水」になって抽出されるんです。



なので水道水に不安を持っていても、安心して飲める冷水・温水が出るのがクールクー。


クールクーとウォータースタンドを比較した記事はコチラ⇒



【クールクーの特徴】
  • 月々4,200円の定額制
  • RO(逆浸透膜)フィルター標準搭載
  • 初回工事費:18,000円(無料になるキャンペーンあり)
  • 1年に1回の有人メンテナンス:無料
  • 1年に1回のフィルター交換:無料



純水が飲める水道直結ウォーターサーバー「クールクー」の公式サイトを見てみる⇒