クールクー デメリット

クールクーのデメリットは最初に知っておかないとマズい!

クールクーのデメリット

 

クールクー(CoolQoo)は定額制の使い放題で人気の水道直結ウォーターサーバー。

 

 

「口コミも良さそうだし、今の宅配水ウォーターサーバーよりも安くなりそうだ!」と皮算用をしているかもしれませんね。

 

 

 

 

しかし、メリットばかり(特に料金面)に気を取られてデメリットを正しく認識しておかないと、

 

 

 

  • えーっ、そうだったの?知らなかった!
  • 最初に知っておけば申込まなかったのに・・・
  • クールクー使えない!

 

 

 

なんてことにもなりかねません。

 

 

 

 

今回の記事ではクールクーのデメリットと使わない方がいい人について解説していきます。

 

 

 

逆に条件がピッタリ合う人には、今までよりかなり節約できるので、損をしないためにも最後までしっかりと参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

クールクー(CoolQoo)の6つのデメリット

 

クールクーのデメリット6つ

 

 

クールクーのデメリットは、仕様を細かくみたり規約の隅々をみていくと意外とでてきます。

 

 

 

初期費用が高い

 

 

クールクーは水道管から分岐してサーバーに供給する設置工事が必要。

 

 

その時の工事代が高い(18,000円)!

 

 

 

 

壁に穴を開けたりするような大掛かりな工事がないのは助かりますが、ちょっと高すぎるかな・・

 

 

期間限定で工事費無料キャンペーンをしているので、キャンペーン利用は必須。

 

 

 

 

使用量が少ないと割高になる

 

 

クールクーは定額制の使い放題なので、宅配水のウォーターサーバーを使っているならかなり安くなります。

 

 

 

ご家庭によっては半額以下なんてところも!

 

 

 

しかし、使用量が少なくても定額料金がかかってしまうので、宅配水で24〜36リットル以下の場合は割高になる可能性があります。

 

 

 

 

契約期間が長い

 

 

水道直結に限らずウォーターサーバー業界は、契約の縛りがあります。

 

 

 

ただ、宅配水ウォーターサーバーよりも契約の最低利用期間が長い(3年)

 

 

 

3年未満の早期解約の場合、手数料20,000円が発生。

 

 

 

 

移設費用、撤去費用が高い

 

 

クールクーは一度設置すると、素人では移動できません。

 

 

 

この辺りは宅配水のウォーターサーバーの方が自分で移動できるので融通が利きやすいです。

 

 

 

で、この移設費用や解約時の撤去費用が高いんです。

 

 

 

  • 水道管の分岐を伴わないサーバー本体の移動:8,000円
  • 解約時の撤去撤去費用:18,000円
  • 引越等で移設がある場合、撤去費用、設置費用の合計で26,000円

 

 

 

 

ミネラルが除去される

 

 

クールクーはRO(逆浸透膜)フィルターを通して純水を生成するので、ミネラルまでほぼ完全に除去されます。

 

 

天然水やミネラルウォーターの味を求めている人にはクールクーは不向きです。

 

 

 

 

排水がでる

 

 

RO(逆浸透膜)フィルターの特徴の一つに排水が出ることがあります。

 

 

水道水に含まれる不純物を99.9%除去するため、除去したものを水と一緒に出す必要がある。

 

 

 

その排水が純水1リットルに対して2〜3リットル

 

 

 

 

なので、1リットルの水を飲みたいと思ったら、4リットルの水道水使うことに。つまり水道料金が上がる・・・

 

 

水道代は1リットル0.2〜0.3円ほどなので、月100リットルの水を使ったとしても30円ほどで済むのは不幸中の幸い。

 

 

 

 

この6つがクールクーのデメリット。

 

 

 

 

 

クールクー(CoolQoo)のデメリットを考えると、使わない方がいい人

 

クールクーを使わないほうがいい人

 

 

クールクーのデメリットから考えると、使わないほうがいい人が2タイプいることが分かります。

 

 

それは、

 

 

  1. ひとり暮らしの人
  2. 転勤や引っ越しの多い人

 

 

 

最低利用年数(3年)や移設・撤去費用を考えると、上記の人は使わないほうがいいです。

 

 

 

 

でも、逆に言えばそれ以外の人はクールクーを設置するメリットが大きいです。

 

 

 

 

 

 

クールクー(CoolQoo)はデメリット以上にメリットが多い!

 

クールクーはメリットが大きい

 

 

クールクーは「一人暮らし」「転勤、引っ越しの多い人」には向きません。

 

 

が、逆に言えば2人以上の家庭、転勤や引っ越しとは無縁の人にはピッタリです。

 

 

 

 

クールクーを使うことでのメリットは、

 

 

 

  • 料金が安くで済む
  • 料理や炊飯にもガマンせず使える
  • 清潔で新鮮な純水を飲める

 

 

 

という点があります。

 

 

 

料金が安くで済む

 

 

ひとり暮らしでなければ、料金が安くなるメリットが大きいです。

 

 

クールクーの月額料金は4,200円で、仮に月300リットルの水道水を使ったとしてもわずか90円。

 

 

なので、天然水を利用していて月4,290円以上支払っているなら、クールクーにしたほうがいいです。

 

 

 

だって、水やコーヒー、カップラーメンくらいにしか使えていないはずなので、その他のカレーやシチューなどの料理やお米を炊くときの水などにもジャンジャン使えるんですから。

 

 

 

 

料理や炊飯にもガマンせず使える

 

 

上記でもふれたように、天然水はみんな”ガマン”して使っています。

 

 

 

天然水を料理なんかに使えば美味しくなることは分かっているんです。

 

 

 

 

でも、料金を考えると使えない・・・

 

 

 

それがクールクーにするだけで、いくらでも使えるようになるんです。

 

 

 

 

 

清潔で新鮮な純水を飲める

 

 

宅配水のウォーターサーバーはペットボトル素材に入っています。

 

 

 

水を充填してから飲み終えるまでに周りの環境から臭いが移ったり、直射日光で味が変わったりしています。

 

 

 

 

クールクーにすれば、水道水をRO水にした水をタンク内で保管。

 

 

 

定期的に再ろ過しているので、常に新鮮な水を飲むことができます。

 

 

 

 

 

 

【結論】クールクー(CoolQoo)はデメリットを踏まえてありか?なしか?

 

クールクーはありかなしか

 

 

水道直結ウォーターサーバーを設置するとなると、天然水のウォーターサーバーよりも少しだけ敷居が高くなるような気がします。

 

 

 

工事があるからですね。

 

 

 

でも、宅配水ウォーターサーバーからクールクーに変えるだけで、料金面の直接的なメリットだけじゃなく、

 

 

 

  • ボトルの注文や変更をしなくて良くなる
  • ボトルの受取をしなくて良くなる
  • ボトルの保管をしなくて良くなる
  • ボトルの交換をしなくて良くなる
  • ボトルのゴミ廃棄をしなくて良くなる

 

 

というメリットもあるんです。

 

 

 

とはいえ前述の通り、クールクーにもデメリットがないわけではありません。

 

 

 

 

なので、メリットとデメリットを一緒にしっかり考えて決めることです。

 

 

 

 

メリットやデメリットを見るときは、つい良い事ばかり、悪い事ばかりに偏ってみてしまいがち。

 

 

 

欲しい時はいい事ばかり、拒否するときは悪い口コミを見て「ほらね〜」なんて思ってしまいますよね?

 

 

 

 

でも、100%の人に100%満足させられる商品なんて存在しません

 

 

 

例えば、最高級のマグロ食べ放題!なんて言われても、お寿司が好きな人には満足できるサービスですが、刺身が食べられない人には興味ゼロ。

 

 

 

 

なので、メリットとデメリットを両方見て、優先順位をつけて決めていくべき。

 

 

 

クールクーはデメリットもありますが、メリットの多い水道直結ウォーターサーバーです。

 

 

 

デメリットばかりに目が行ってしまって「メリットは何?」ということであれば、公式サイトにより詳しく載っているので見てみてください。

 

 

 

自宅で新鮮な純水が飲める「クールクー」の公式サイトを見に行く⇒

 

 

 


水道直結ウォーターサーバーとは?


ウォータースタンド




水道直結ウォーターサーバーとは、これまでの宅配水(ボトル・ウォーターパック)のように水を持ってきてもらうんじゃなく、自宅で水道水を浄水して飲めるウォーターサーバーのことです。



蛇口に取り付けるような簡易的なものではなく、宅配水の工場で使っているような高性能フィルターを通してきれいな水にできるウォーターサーバー。




水道直結ウォーターサーバーの一番のメリットは、宅配水ウォーターサーバーで抱えがちな不満を解消できる点です。



  • 水の注文、変更、休止の連絡が要らなくなる
  • ボトルを受け取る手間がなくなる
  • ボトルの保管をする必要がなくなる
  • ボトルの交換の負担がなくなる
  • 使用済みボトルのゴミ出しがなくなる
  • 水漏れなどのサーバートラブルがなくなる



このように宅配水ウォーターサーバーのデメリットがなくなるんです。



しかも、水道直結ウォーターサーバーは水道水が元なので費用が劇的に安くなります。




「どうせそんなこと言っても、そんなに変わらないでしょ?」


なんて、面倒くさがらないでください。





月に数千円だとしても、年間にすると数万円の違いが出てくることもあるんです。


こまめに電気を消したり、エアコンをガマンするよりも手っ取り早く節約ができるんですから。



サーバーレンタル料は定額制なので、それを含めてざっと一覧にすると次のようになります。




【水道直結ウォーターサーバーと宅配水の料金比較】

 


■1ヶ月24リットル利用した場合
  • 水道直結ウォーターサーバー:(24リットル×0.2円)+3,980円=3,985円
  • 宅配水ウォーターサーバー:150円×24リットル=3,600円



■1ヶ月48リットル利用した場合
  • 水道直結ウォーターサーバー:(48リットル×0.2円)+3,980円=3,990円
  • 宅配水ウォーターサーバー:150円×48リットル=7,200円



■1ヶ月96リットル利用した場合
  • 水道直結ウォーターサーバー:(96リットル×0.2円)+3,980円=3,999円
  • 宅配水ウォーターサーバー:150円×96リットル=14,400円


<計算条件>
  • 水道直結ウォーターサーバー:定額3,980円のサーバー
  • 天然水の料金:1リットル 150円(500ml 75円)
  • 水道料金:1リットル0.2円で計算



これを表にまとめると、


月の使用量

水道直結型

宅配水型

差額

(下段・年間)

24リットル

3,985円

3,600円

-385円

(-4,620円)

48リットル

3,990円

7,200円

3,210円

(38,520円)

96リットル

3,999円

14,400円

10,401円

(124,812円)





もしあなたが月に48リットル使っていれば、年間で4万円近く損しないでよくなります。



1人暮らしで水の消費量が少ないなら割高になりますが、1ヶ月24リットル以上利用するなら水道直結ウォーターサーバーの方がお得です。




しかも飲み水だけではなく、炊飯や料理などすべてにきれいな水が使えるようになるわけですからね。




なので、今宅配水ウォーターサーバーから水道直結ウォーターサーバーに切り替える人が多いんですよ。




でも、すぐに申し込むのは不安じゃないですか?




水道直結ウォーターサーバーの「ピュレスト」や「ウォータースタンド」なら、無料でお試しができるんですよ。



1週間の無料お試し可能!水道直結ウォーターサーバー【ピュレスト】

 

ピュレスト



ピュレストは自宅の水道水をまるで天然の湧き水のようなミネラルウォーターにする水道直結ウォーターサーバー。


ピュレストの特徴は安さにあります。



水道直結ウォーターサーバーは定額制の決まった料金を支払いますが、ピュレストは月額料金がたったの2,980円と激安なんです。




とはいえ、いくら安くても使い勝手や飲み心地を知りたいですよね?



そこでピュレストでは1週間の無料レンタルができるんです。


実際に使ってみてから判断できるので、宅配水のウォーターサーバーを使いながら比較する人も多いんですよ。



【ピュレストの特徴】
  • 定額制:月2,980円〜
  • 冷水、温水、常温水の3種類の水が飲める
  • クリーン機能搭載でタンク内が常に清潔
  • メンテナンスフリー
  • 6ヶ月に1回のフィルター交換:無料


ピュレストは法人にも利用が多く、信頼と実績が豊富なウォーターサーバーです。


初めての水道直結なので「不安・・」、なら一度試してみるといいですよ。



1週間たっぷりお試しできる!ピュレストの公式サイトで詳細を見てみる⇒






お試しができる!水道直結ウォーターサーバー【ウォータースタンド】

 

ウォータースタンドのサーバー


ウォータースタンドは申込む前に、1週間の無料お試しができるのが特徴。


取り付けた後に「こんなはずじゃなかった・・」なんて思いたくありませんからね。




たっぷり試したあとに「申込む」か「申込まない」かを決めて大丈夫なので、安心。


もちろん、お試しした後に断っても大丈夫です。



【スマホ画像付き】ウォータースタンドのお試しの申し込み方法はこちら⇒




ちなみに、お試しで借りられるのはナノラピア ネオ(月額3,980円)という機種です。



▼お試しで使えるサーバー「ナノラピア ネオ」▼

ナノラピア ネオ





【ウォータースタンドの特徴】
  • 定額制:月3,480円〜
  • 冷水、温水、常温水の3種類の水が飲める
  • 初回設置工事費:無料
  • 6ヶ月に1回の有人メンテナンス:無料
  • 6ヶ月に1回のフィルター交換:無料



ウォータースタンドには1年以内のサーバー撤去時に1万円かかるだけで、しばりがないので違約金は発生しません。


お試し後でも初回工事費は無料なので、設置が急激に増えている水道直結ウォーターサーバーです。



1週間の無料お試しができる!「ウォータースタンド」の詳細を確認してみる⇒






全国対応の水道直結ウォーターサーバー【クールクー】

 

クールクー


ウォータースタンドはお試しができる唯一の水道直結ウォーターサーバーですが、残念ながら関東地方のみのサービス提供。


全国対応している水道直結ウォーターサーバーは、クールクーです。



残念ながらお試しはありませんが、RO(逆浸透膜)という特殊なフィルターを搭載しているので、安全な水を飲みたいご家庭に人気



【RO(逆浸透膜)とは】
アメリカNASAが開発した穴の大きさが超細かい(0.00001ミクロン)という特殊なフィルター。

水以外を通さないため水道水に含まれる不純物をほぼ100%除去できる性能がある。


ROフィルターの性能はすごく高くて、例えば牛乳や海水をROフィルターに通すと「純水」になって抽出されるんです。



なので水道水に不安を持っていても、安心して飲める冷水・温水が出るのがクールクー。


クールクーとウォータースタンドを比較した記事はコチラ⇒



【クールクーの特徴】
  • 月々4,200円の定額制
  • RO(逆浸透膜)フィルター標準搭載
  • 初回工事費:18,000円(無料になるキャンペーンあり)
  • 1年に1回の有人メンテナンス:無料
  • 1年に1回のフィルター交換:無料



純水が飲める水道直結ウォーターサーバー「クールクー」の公式サイトを見てみる⇒