クリスタルガイザー ヒ素

クリスタルガイザーからヒ素がでるなんて!ミネラルウォーターは安全なの?

クリスタルガイザーからヒ素が検出

 

 

クリスタルガイザーからヒ素が検出されたと聞けば、違うミネラルウォーターにしようと思うのではないでしょうか?

 

 

 

しかし、違うミネラルウォーターに変えたところで大きな違いはないとなると、ショックを隠せないはずです。

 

 

 

 

実はクリスタルガイザーに限らずミネラルウォーターには共通の問題点があるんですね。

 

 

どこに問題があるかを知らないと、他のミネラルウォーターでも同じことが起こりえますし、危険な水を飲み続けることにもなりかねません。

 

 

 

 

今回の記事では、クリスタルガイザーのヒ素の危険度と検出された原因を解説していきます。

 

 

 

それと同時にミネラルウォーターの危険を避ける方法ついてもまとめているので、最後までじっくり読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

クリスタルガイザーでヒ素が検出されたのはマジ?

 

クリスタルガイザーからヒ素が検出されたのは本当

 

 

クリスタルガイザーでヒ素が検出されたという話は本当です。

 

 

 

ただし含有量は微量で、クリスタルガイザーの採水地(マウント・シャスタ水源とオランチャ・ピーク水源)の内、オランチャ・ピーク水源のものに限られます。

 

 

 

 

日本では両方の水源地のクリスタルガイザーが販売されているのですが、できれば口にしたくありませんよね。

 

 

 

 

どちらを水源地とするものかは見た目ですぐに分かります。

 

 

 

  • 青キャップ:マウント・シャスタ水源
  • 白キャップ:オランチャ・ピーク水源 ←ヒ素が検出

 

 

 

この2種類は、採水地が違うだけでなく、日本への輸入経路も違います。

 

 

 

青キャップは大塚食品の正規輸入品で、白キャップは業者が現地から輸入した「並行輸入品」です。

 

 

なので、青キャップのクリスタルガイザーであれば問題ありません

 

 

 

 

白キャップのクリスタルガイザーから検出されたヒ素は、アメリカの基準値0.01r/Lに対し0.003r/L程度だったということです。

 

 

量だけ見ると、そこまで神経質にならなくても良さそうです。

 

 

 

 

しかしヒ素といえば発がん性があることや非常に毒性が強い物質で、農薬や防腐などに古くから使用されています。

 

 

微量とはいえ、体内に入るのは避けたいというのが心情でしょう。

 

 

 

そのためクリスタルガイザーを飲まずに、日本のミネラルウォーターなら大丈夫だろうと思いがちですが、そうとも言えません。

 

 

 

 

 

日本のミネラルウォーターからも発がん性物質が検出!?

 

 

ヒ素ではありませんが、実は日本のミネラルウォーターからも発がん性物質が検出されたことがあります。

 

 

ミネラルウォーターから発がん性物質検出

(ポッカサッポロフード「商品の回収のお詫びとお知らせ」より)

 

 

 

ポッカが製造を委託している「富士山麓のきれいな水」から基準値を超える発がん性物質「臭素酸」が検出されたのです。

 

(臭素酸の基準値0.01mg/L以下に対し、0.02mg/Lの検出)

 

 

 

臭素酸はミネラルウォーターなどをオゾン殺菌する際に、副生成物として発生してしまうことがあるもの。

 

 

 

 

オゾン殺菌はミネラルウォーターのボトル工場で一般的に使用されている殺菌方法ですし、

 

 

なにより怖いと感じるのは、検査をすり抜けて流通してしまっているということ。

 

 

 

 

実はミネラルウォーターの検査基準は水道水よりも甘いんですね。

 

 

検査項目自体が少なく、基準値もゆるい。

 

 

 

検査項目 ミネラルウォーター類の基準値 水道水の基準値
ヒ素及びその化合物 0.05mg/L以下 0.01mg/L以下
鉛及びその化合物 0.05mg/L以下 0.01mg/L以下
亜鉛及びその化合物 5.0mg/L以下 1.0mg/L以下

 

 

 

盲目的に安心して飲むのはちょっと危険。

 

 

 

なので、もし子供に飲ませたくないと思うのであれば、クリスタルガイザーなどのペットボトルに入った水ではなく、浄水設備をいれるなどして自宅できれいな水をつくるほうが安心です。

 

 

 

浄水設備といっても浄水器ではありません。

 

 

 

 

水道直結のウォーターサーバーです。

 

 

 

 

 

水道直結ウォーターサーバーとはどんなもの?

 

水道直結ウォーターサーバーとは

 

 

水道直結ウォーターサーバーを簡単に言うと、家庭用浄水器の高性能版。

 

 

 

蛇口に取り付けるような浄水器は80%程度しか不純物を除去できないのに対し、水道直結ウォーターサーバーは99%以上の不純物を取り除けるんです。

 

 

そのため、水道水をきれいな状態にして飲めるということ。

 

 

 

しかもペットボトルのようにボトルに詰められてから、輸送や保管などしている間に悪くなるなんてことはありません。

 

 

出来立ての新鮮な水(お湯)が出てくるんです。

 

 

 

 

ただ、水道直結ウォーターサーバーは初回に設置工事が必要。

 

 

そのため立ち合いが必要になりますが、穴を開けるような工事は一切なく分岐する部品を付けるだけなので30〜60分で終わります。

 

 

 

付けたその日から安全な水が飲めるというものです。

 

 

賃貸住宅にも使える水道直結ウォーターサーバーについて詳しい記事はこちら⇒

 

 

 

 

 

人気の水道直結ウォーターサーバー

 

ウォータースタンド

 

 

いま一番人気のある水道直結ウォーターサーバーは、「ウォータースタンド」というサーバー。

 

 

 

国仲涼子さん出演のCMも放送されているので、一度はみたことがあるんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

ウォータースタンドは月々3,980円〜の定額制で飲み放題

 

 

飲み水だけじゃなく炊飯や料理など、なんでも使えるので便利です。

 

 

お試しで1週間使うこともできるので、どんなものか使ってみたいということなら問い合わせてみるといいですよ。

 

 

 

ウォータースタンドのお試しを使いたいときは、こちらの記事を参考にしてください⇒

 

 

ウォータースタンドについてもっと詳しく見たいときは、下記公式サイトよりご覧ください。

 

 

 

公式サイトはコチラからどうぞ
↓    ↓    ↓
ウォーターサーバーのお水を料理にも気兼ねなく【ウォータースタンド】の公式サイトを見てみる⇒